ノートタイプの100円パソコンを買おう【条件を要チェック】

コスパ抜群の共有サーバー

ハードディスク

真っ先に確認したい稼働率

個人や店舗、小規模の企業がホームページを作成する時には、レンタルサーバーの共有サーバーがおすすめ。レンタルサーバーには、専用サーバーやVPS、クラウドサーバーもあります。しかし、月額料金が高くなる上に、専門的な知識も必要です。コストパフォーマンスを考慮すると、共有サーバーが適しています。さらに最適な選択とするためには、稼働率、サポート体制、CMSのインストールの対応を比較するといいでしょう。稼働率とは、サーバーがきちんと動作する確率。稼働率が低いレンタルサーバーを利用してしまうと、頻繁にホームページの表示が不安定になります。目安は99%以上。できれば99.5%以上のレンタルサーバーを選ぶことで、常に安定してホームページが表示されます。また、サーバートラブルを自力で解決するには、高度な技術が必要です。安心して利用するために、サポート体制が充実しているかは重要なポイント。専用のサポートサイトを設けているレンタルサーバーを選ぶことで、迅速にトラブルに対応できます。レンタルサーバーの中には、土日祝日にもサポートを提供しているところもあります。口コミを確認することで、サポート体制の充実度を把握できます。ホームページを作成する際には、一般的にCMSを利用します。WordPressなどのCMSは、ホームページ運営に必要な機能が全て用意された心強いツール。このCMSを簡単にレンタルサーバーにインストールできれば、すぐにコンテンツ作成を開始できます。また、将来のホームページの増強を見越して、複数のCMSをインストールできるかも確認したいポイント。ワンクリックで複数のCMSをインストールできるレンタルサーバーを選び、コンテンツ作りに集中しましょう。